All posts by admin

GW期間休業について

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、当社はGW休業は下記の通りとさせていただきます。

5月6日(木)より営業を再開させていただきます。
お客様・お取引先様にはご不便おかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

                                     2021.4.22 管理部

content-image.php

「新型コロナウイルス」に伴う当社の取組について

当社は現在「新型コロナウイルス」の感染拡大防止の為に以下の対策を行っております。

【当社の役職員について】
【ご来社のお客様へ】

全国に感染拡大している事情を踏まえ、感染予防対策の一環として施設内に立ち入りされるすべての皆様に以下のことをお願いしております。
・マスクの着用
・手指消毒
・検温
・名簿の記入

発熱のある方(37.5℃以上)の方は入室をご遠慮させていただきます。
 
今後も新型コロナウイルス感染拡大による地域経済や社会への影響を考慮し、その軽減・抑止に向けた各種対応を検討・実施してまいりますので、皆さまのご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申しあげます。

                                    2021.1.27 管理部

コロナウイルス対策に伴う時差出勤のお知らせ

当社では、全国で新型コロナウイルス感染症が感染拡大している事情を踏まえ、従業員とお客様、及び関係する皆様への感染を防止するため、従業員の時差出勤を実施します。
お客様・お取引先様におかれましては、ご迷惑をお掛けすることをお詫び申し上げますとともにご理解賜りますようお願い申し上げます。

【営業時間の変更について】
 通勤、勤務時間、帰宅のピーク時間における3密(密集・密閉・密接)を避けることで、
従業員等の新型コロナウイルスの感染防止を図ります。

〇期間
 1月26日より当面の間

〇各部署について
 ・本社(管理部)
 ・朝日町工場(産業機械部・設計開発部)
通常通り営業致します。(8:00-17:00)
 
・みらい工場(舶用技術部・舶用営業部)
  (通常) 8:00-17:00
 (変更後) 8:30-17:30

【当社の役職員について】

当社は現在「新型コロナウイルス」の感染拡大防止の為に以下の対策を行っております。

今後も新型コロナウイルス感染拡大による地域経済や社会への影響を考慮し、その軽減・抑止に向けた各種対応を検討・実施してまいりますので、皆さまのご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申しあげます。

                                    2021.1.25 管理部

自社開発製品が水産経済新聞に掲載されました!

当社の開発製品が、水産経済新聞(5月27日付)に掲載されました。

エンジン廃熱利用型オイルヒーター 
”ESヒーター”


  
ダブル形状浮球用浮縄巻取機 
”フロートリールW”   

2段変速式枝縄巻取機
”ブランリール2SP”

おかげさまで創業70周年を迎えました

令和2年3月14日(土)気仙沼プラザホテルにて記念式典を開催致しました。

令和元年度第35号 波路上地区漁集事業2号水産関係用地水路付替工事


工事名/令和元年度第35号 波路上地区漁集事業2号水産関係用地水路付替工事
発注者/気仙沼市様
現場/宮城県気仙沼市波路上瀬向
工期/2019.07.01~2019.10.31

ステンレス製の上下式スライゲートの製作・据付を実施

23年災第5740号駒形漁港海岸駒形護岸災害復旧工事


工事名/23年災第5740号駒形漁港海岸駒形護岸災害復旧工事
発注者/気仙沼市様
現場/宮城県気仙沼市駒形漁港
工期/2018.09.29~2019.12.25

気仙沼鉄工機械協同組合加盟企業の一社として、自立式防潮堤「フラップゲート」の製作・据付を実施
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190928_13019.html

第2回ファミリーデーを開催しました

2019年9月21日

第2回ファミリーデーを開催しました。

従業員のご家族に1日社員証を交付し、工場見学やお仕事体験をしました。

2019年9月5日 市内朝日町みらい造船構内の新工場「みらい工場」に舶用部門を移転しました。

2019年9月5日 市内朝日町みらい造船構内の新工場「みらい工場」に舶用部門を移転しました。

令和元年「海の日」海事関係功労者表彰

令和元年「海の日」にあたり、小野寺鐡工所スタッフ3名が、7月15日付けで国土交通大臣から表彰されました

写真左から佐藤、齋藤、西城となり、造船関連事業の永年勤続による東北運輸局長表彰の受賞となりました